抑えておきたい霊園チェックリスト
2016.11.30

霊園サムネイル今、お墓を建てる人の多くは、近郊にある霊園を選ぶようになっています。その理由のひとつに、宗教を信じる人が少なくなり、菩提所と呼ばれるお寺もないと言う人が増えているからと言われます。長男が家を継ぐと言う習慣から、墓を守る役目を背負うことになります。ですからそれ以外の人たちは、自由に宗教を選択出来ることにもなり、お墓に対する考えも、自由と言うことになるのでしょう。お墓を建てる前には、チェックする項目がたくさんあります。そのためチェックリストを見て、判断するようにすると間違いがなくなるはずです。まず、お墓を探すには、この無宗教であり、宗教は一切問わない場所が良いと言うことになります。宗教に関係なく利用出来る、公営や民営の霊園探しが良いと考えます。

しかし見つけたところが、とても遠方にあるとなるとどんなことになるでしょう。お彼岸にお参りするどころから、供養することが出来なくなってしまっては良いお墓を選んだことにはなりません。そのことから、お墓参りがしやすいところと言うことが、とても大事な要素になって来ます。若い時など身体が健康な時には、簡単にお参り出来ても、高齢になり足腰が弱った時にお参り出来ないところでは、また問題になって来ます。電車を乗り継いだり、多くの交通機関を要する場所を選らんでしまっては、墓参りの時に大きな負担にもなってしまいます。そのためのチェックポイントとして、自宅からの距離を考えて購入しましょう。また、徒歩でも行けるのかと言うことも、考えておきましょう。高齢化社会になり、運転免許証の返納もある時代ですから、自宅からお墓までの距離は、非常に大きな問題にもなって来るのでしょう。

霊園を利用するとなった時、墓石費用としてかかるものがあります。墓石、外柵、納骨棺、施工費用等がかかることになりますので、これらも予めのチェックリストに載せておきましょう。更に、永代使用料であり、お墓の維持するための管理費を用意することも忘れてはいけません。お墓を建てたことで、全てが済んだ訳ではないと知っておきましょう。この時、お墓の建てる場所ですが、やはり日当たりの良い場所が最適です。また、そばに落葉樹などがない場所を選びましょう。以外と清掃負担が多くなる場所と言われています。加えて、害虫などが多くても、お墓参りには邪魔な存在になり、周囲の環境を調べることもチェックリストに載せておくべきです。

▲ ページトップへ