霊園探しのノウハウ
2016.11.30

霊園サムネイル霊園探しって実はとても重要です。変な場所にお墓を立ててしまいますと、通いにくければなかなか足が遠くなり、お手入れが出来なくなってしまいます。そうならないためにも、きちんとノウハウを身に着けて、自分たちに合っているお墓を探しましょう。まず、一番大切になるのが、お墓の立地です。先ほども申し上げました通り、お墓は購入をしたらそれで終わりではありません。お参りをきちんとする事が大切になりますので、交通の便をきちんと考慮して、通いやすい場所を選びましょう。電車やバスを使った場合にはどれくらい行きやすいのか、そして車を使用した場合には、近くにきちんと止められるのかどうかというのを考えましょう。また、通いやすい場所以外にも、お墓を立てる場所も重要です。静かで自然に囲まれているなど、個人の希望もありますので、じっくりと検討するようにして下さい。

次に最も重要となるのが、その人の宗旨や宗派です。せっかく良い立地条件で霊園を見つけたとしても、その霊園で宗旨や宗派を限定されてしまったら、購入したくてもする事が出来ません。ですので、過去の宗旨や宗派不要となっている霊園を探すようにしましょう。そして、此処で一番気を付けなくてはいけないのが、お墓を購入する事で何らかの宗旨や宗派に入らなくてはいけない可能性があるという事です。事前にチェックをして不要となっていても、こんな落とし穴もありますので、よく調べてから購入をするようにしましょう。

最後は購入をするお墓に掛かる費用や設備です。費用は、永代使用料と呼ばれる、土地の使用料と管理料、そして墓石に掛かる費用と工事費などが含まれます。永代使用料が安かったとしても、お墓を立てるスペースが大きければ、それだけ沢山の墓石を使用する事になります。そうすると、墓石に掛かる費用がぐんと上がりますので、注意が必要です。また、霊園にはどれくらいの設備が整っているのかというのも非常に重要なポイントです。豪華な設備は求めていませんが、最低限駐車場や水道施設は必要になります。また、年齢が高くなるごとに、足腰に負担も掛かってきますので、バリアフリー対応になっているかどうかというのも重要です。墓地の地形があまりにも傾斜になっている場合には、事前に良くチェックをしておくと安心でしょう。霊園探しは非常にチェックするべき項目が多くて、大変ではありますが、通いやすくて良い場所をきちんと探すようにしましょう。

▲ ページトップへ